おにぎり先生の指導日記

オーナー将棋講師のたいしたことがない日常

年末恒例

28日(日)は年末恒例の盤駒磨きを有志で行いました。道具の手入れの仕方を教えておくのは教室として大切なことと考えています。みんなのがんばりでばっちりきれいになりました。そのあと、日が暮れるころまで、ジュースとお菓子とピザで忘年会です。
 
日が暮れると親御さんがいらして修羅場大人の忘年会の始まりです。歳暮でいただいた飲料はここでほとんどが消費されます。爆弾母お母さまで将棋をはじめられた方がいらっしゃり、めったに見られないカードの二枚落ち戦があったり、楽しいひとときでした。
 
29日(月)は、これも年末恒例のプロの研究会の年末トーナメントに参加させていただきました。新鋭の奨励会員に2局教わり、一休みしたあと同期のバタ先生と本番です。昔からだけど、ほんと読みすぎ合わないね。で、いつものパターンで負かされました。また来年教えてください。
 
30日(火)は棋友館へ午前中から行って細かいところを掃除して、床にはサメとWAXもどきをかけました。新年を迎える準備を整えてから、これも年末恒例の飲み会です。
イメージ 1
今年も一年、いろいろありましたのでご報告させていただきました。来年はどーなるんでしょ。